葬儀の種類、あなたにあった葬儀はどれ?

様々な葬儀のメリット・デメリットについてご紹介

葬儀の多様化は進んでおり、一般的な個人葬や団体葬のほか、小規模の家族葬や直葬があります。
このほかにも、各自治体が葬儀業者と協力しあって実施している住民サービスとしての市民葬・区民葬があり、特定の宗教や宗派にとらわれない自由葬といった形式も増えてきています。葬送の方法としては、遺骨を自然に回帰しようとする考えの散骨やお墓以外の自然物を墓標とする樹木葬などの自然葬があり、生前に本人が主催者となって告別式を行う生前葬も稀ではありますが、実施されています。

ガイド一覧

一般的な葬儀

一般葬は、家族葬や密葬と違い、多くの会葬者で送る一般的な葬儀の形式です。日本ではほとんどが仏式で行われることが多く、通夜とその翌日の葬儀・告別式という一連の宗教儀礼によって執り行われます。葬儀を執り行うに際しては、会葬者にゆっくりとご参列いただき、失礼のないように様々な準備をしなければなりません。会葬者の人数を把握して、式場の手配や会葬返礼品やお食事の発注等が必要になります。ほかにも細かな準備がたくさんありますので、信頼のおける葬儀社と相談のうえ、進めていく必要があります。

団体で行う葬儀

遺族が主催して行う一般的な葬儀は個人葬ですが、企業等の様々な団体が主催する葬儀もあります。
社葬は、企業の発展に尽した創業者や役員が亡くなったときに企業が主催して行う葬儀の形式です。
合同葬は、企業が遺族と合同で葬儀を主催し、個人葬と本葬を一緒に行う形式で同族会社などでよく見られます。また、業務中に亡くなった社員の葬儀を家族と一緒に会社が行うケースや2つ以上の企業や団体が合同で行う葬儀も合同葬と呼ばれます。

少人数・家族だけで行う葬儀

近年、家族だけで故人をゆっくり見送りたい、葬儀費用の負担を軽くしたいなどの様々な遺族の想いから少人数の葬儀を選ぶ人々が増えています。
家族葬は、家族や親族、親しい友人の範囲だけの葬儀のことで、規模だけを見ると密葬と同じですが、密葬は本葬とセットで行われることから、本葬のない密葬を家族葬と呼ぶようになったとも言われています。
家族葬も密葬も、儀式的には宗教儀礼に則って行われることが多いですが、それに対して、通夜・告別式といった儀式的なことは一切行わず、直接、火葬のみを行う形式を直葬と呼んでいます。

実はいろいろ、その他の葬儀

葬儀の多様化は進んでおり、一般的な個人葬や団体葬のほか、小規模の家族葬や直葬があります。
このほかにも、各自治体が葬儀業者と協力しあって実施している住民サービスとしての市民葬・区民葬があり、特定の宗教や宗派にとらわれない自由葬といった形式も増えてきています。葬送の方法としては、遺骨を自然に回帰しようとする考えの散骨やお墓以外の自然物を墓標とする樹木葬などの自然葬があり、生前に本人が主催者となって告別式を行う生前葬も稀ではありますが、実施されています。

人気の記事