一般的な葬儀、葬儀の種類、あなたにあった葬儀はどれ?

一般的な葬儀

一般葬は、家族葬や密葬と違い、多くの会葬者で送る一般的な葬儀の形式です。日本ではほとんどが仏式で行われることが多く、通夜とその翌日の葬儀・告別式という一連の宗教儀礼によって執り行われます。葬儀を執り行うに際しては、会葬者にゆっくりとご参列いただき、失礼のないように様々な準備をしなければなりません。会葬者の人数を把握して、式場の手配や会葬返礼品やお食事の発注等が必要になります。ほかにも細かな準備がたくさんありますので、信頼のおける葬儀社と相談のうえ、進めていく必要があります。

個人葬

一般に故人の遺族が主催するお葬式が個人葬です。
日本における個人葬はほとんどが仏式で行われるケースが多く、親族のほかに故人の知人や仕事関係者などが、通夜とその翌日に執り行われる葬儀・告別式に会葬します。
葬儀・告別式をまとめて記載しましたが、厳密に言うと葬儀と告別式は本来別のものです。
葬儀とは、遺族や故人とごく親しい知人が中心となって故人の冥福を祈り、魂を送るために行われる儀式で、宗教的な意味合いが強く、僧侶が読経を行うなど、ほとんどが仏式の宗教儀礼によって執り行われます。

葬儀式

葬儀と葬儀式・告別式は類似のものと認識されているようですが、葬儀は亡くなってから、湯潅や納棺、通夜、葬儀式や告別式、出棺、火葬、法事、納骨といった一連のことを指していて、葬儀式・告別式はその中の一部です。
そして葬儀式と告別式は本来別の儀式です。葬儀式は、遺族、親族、故人と親しかった人が故人の冥福を祈る宗教的儀式。告別式は、故人とゆかりのある人が最後のお別れをする社会的儀式なのです。
葬儀式は、宗教儀礼ですので、それぞれの宗教や宗派によってさまざまに異なっています。

告別式

葬儀式と告別式は本来別の儀式です。葬儀式は、遺族、親族、故人と親しかった人が故人の冥福を祈る宗教的儀式、告別式は、故人とゆかりのある人が最後のお別れをする社会的儀式なのです。
しかし最近では葬儀式と告別式の2つを一体として行うのが一般的です。
実際の葬儀・告別式では、開始10分前には受付を済ませるようにします(一般会葬の場合は、ご葬儀に遅刻したり、僧侶の読経が始まってから入室するのはマナー違反となります)。

通夜

通夜は、元来、故人の身内や故人と親しかった人が葬儀の前夜、邪霊の進入を防ぐため夜を徹して見守っていたのが始まりですが、一人では心細かったため、数人で見守るようになり、その際に食事をしたり、あるいは飲酒をしながら、故人の想い出話をしつつ別れを惜しむ形式になり、やがて現在のような儀式へと変わっていきました。
最近の通夜は、一般の弔問客が参列し、時間も1時間程度で終わる半通夜が普通です。その意味合いも告別式と同じ意味を持つお別れ式に変わってきています。

人気の記事